【大阪⇔金沢 往復2500円以上節約】「e5489」 WEB早特1・eきっぷ・チケットレス特急券比較 まとめ(2019.3)


電車関連レポTOP / 安く移動まとめTOP 

大阪〜金沢間 通常料金は?

大阪〜金沢間は、特急サンダーバードが頻繁に走っており、3時間弱で移動できます。

片道料金は、指定席で片道 7,650円(時期により±200円)、自由席で7,130円です。

そのうち、乗車券は4,750円です。(往復割引は適用されません)

 

e5489 インターネット予約による割引とは

JR西日本の インターネット予約「e5489」を使用すると、通常よりも安く切符が購入できます。

<JRおでかけネット ホームページ> https://www.jr-odekake.net/

「e5489」は、JR西日本のインターネット予約サービスです。

この、JR西日本の 「e5489」会員になると、「特急券」が割引で購入できます。

特徴は、「J-WESTカード」というJR西日本のクレジットカードで決済する場合のみ購入できる、高い割引率がある切符が含まれていることです。

そのため、e5489利用するためには、「J-WESTカード」の会員になっておくことがポイントです。

「J-WESTカード」の申込書はJRの駅などに置いてあります。また、インターネットでも申し込みができます。

ただしクレジットカードなので、審査等をあり、最短でもカード発行まで1週間以上は要しますので、注意が必要です。

 

大阪〜金沢間の切符の料金比較

では、JR西日本のe5489を使った場合の切符の料金を比較してみましょう。

※表示されている料金は通常期です。2019年3月時点

※繁忙期・閑散期のカレンダーはこちら ⇒ 閑散期・通常期・繁忙期カレンダー

 

上記では、特急券のみと、特急券+乗車券が混ざっていて少しわかりにくいので整理してみましょう。

  乗車券 特急券 合計 差額(通常期) 当日購入 注意事項
通常のきっぷ
(指定席)
4,750 2,900
(繁忙期+200
・閑散期-200)
7,650
(繁忙期+200
・閑散期-200)
0
通常のきっぷ
(自由席)
4,750 2,380 7,130 ▲520
eチケットレス
特急券利用
4,750 2,250 7,000 ▲650 J-WESTカード専用
チケットレス
特急券利用
4,750 2,700 7,450 ▲200 一般カードOK
eきっぷ 4,750 2,300 7,050 ▲600 J-WESTカード専用
WEB早特1 6,380 ▲1,270 × 席数限定

太字はe5489画面での表示されている金額です。

<結果>

お得なのは、WEB早特1で、片道1270円もお得です。

2番目はeチケットレス特急券+乗車券の合計7000円、片道650円お得です。

3番目はeきっぷの7050円、片道600円お得です。

 

ただし、それぞれのきっぷには注意事項があります。

また、「特別企画乗車券」という位置づけとなり、通常のきっぷや特急券とは異なるルールや制限事項がありますのでご注意ください。

 

さらに乗車券を「特定区間運賃」で割安に・・・

WEB早特1以外を使用する場合、乗車券を若干節約する方法があります。

通常、

・大阪〜金沢 間の乗車券は、4,750円です。

ただし、

・京都〜金沢 間の乗車券は、4,000円

・大阪〜京都 間の乗車券は、560円(特定区間運賃)

となります。

そのため、大阪〜金沢間に乗車する場合、

@大阪〜京都と、京都〜金沢間に切符を分割して購入する

Aいったん京都までの切符を買って、出口で清算する

のどちらかで、片道190円節約することができます。

この場合は、乗車券と特急券をセットで購入するのではなく、別々に購入することになります。

また、「大阪駅」以外で下車する場合(例えば天王寺や京橋、鶴橋などで下車する場合)は、特定区間運賃が適用されず、逆に割高になってしまうので注意が必要です。

 

eチケットレス特急券・チケットレス特急券の注意事項

eチケットレス特急券・チケットレス特急券は「ご予約された列車・座席以外は、自由席含めご乗車いただけません」

という点にも注意が必要です。これは乗り遅れても自由席が利用できる新幹線のEX-IC、eきっぷ との大きな違いです。

eチケットレス特急券・チケットレス特急券を予約した場合で、乗り遅れそうなときは、事前にネットから列車の変更が必要です。

(何度でも変更可能です)

紙のきっぷの受け取りは不要です。

 

WEB早特1の注意事項

WEB早特1は、大阪〜北陸〜東京間でのみ発売されている切符です。 

注意点は、発売数が限られていることです。また乗車当日は予約できません

さらに、「ご予約された列車・座席以外は、自由席含めご乗車いただけません」

という点にも注意が必要です。これは乗り遅れても自由席が利用できる新幹線のEX-IC、eきっぷ との大きな違いです。

予約変更は発車時刻前ならば何度でも可能ですが、WEB早特1は発売数が限られている為、変更希望先の便のWEB早特1が完売している場合、「eきっぷ」などに変更となります。

なお、紙のきっぷの受け取りの必要があります。予約の変更は受け取り前ならば可能です。

 

 

eきっぷの注意事項

eきっぷは特急券が安くなっています。

なお、クレジット決済と同時に予約となります。予約だけはできません。

乗り遅れた場合、自由席が利用できます。前倒しての乗車もできます。

空席があり、認められた場合は、指定席も使用できます。

なお、紙のきっぷの受け取りの必要があります。予約の変更は受け取り前ならば可能です。

 

50歳以上の人限定でなんと3割引!?

50歳以上の人は、JR西日本ジパング倶楽部に加入(年会費は3770円)することで、「【おとなび(ジパング)会員限定】おとなび割引」が利用できます!

年会費は必要ですが、3割引なので、利用回数が多ければかなりお得になります。

50歳以上の人は是非検討してはいかがでしょうか?

おとなび会員のうち、JR西日本ジパング倶楽部にも入会している会員を対象としたインターネット予約「e5489」または「会員専用ダイヤル」でご購入になれるおトクなきっぷです。

JR西日本線の新幹線(山陽新幹線/のぞみ・みずほ及び北陸新幹線/グランクラス・立席特急券を除く)・特急列車・座席指定の快速列車を含む片道101km以上の片道乗車券と特急券(座席指定券を含む)をセットで発売します。 ※ご利用回数に制限なく基本的に30%割引いたします(ご行程により一部異なります)。

※JR西日本 JRおでかけネット「【おとなび(ジパング)会員限定】おとなび割引」より


以下はお役立ち情報です。

<便利情報> 

○安心定番サイトその1  楽天トラベル 旅館予約 ビジネスホテル予約

ホテルと宿のセットもあるなど、定番のホテル予約サイトです。直接ホテルに予約するより若干安い場合や空室ありの場合があります。 前述の楽パックのように、宿と交通費がセットになったオリジナルプランもあります。これは、それぞれで予約するよりも大幅に安くなっている場合が多く、個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合があります。

○安心定番サイトその2  じゃらん 旅館・ビジネスホテル 予約

おなじみリクルートが運営するホテル予約サイト。価格も安く、交通とのセットでお得なオリジナルプランもあります。楽天トラベルや日本旅行のサイトとあわせてチェックしたほうが良いです。

○安心定番サイトその3  日本旅行 旅館・ビジネスホテル 予約

老舗の日本旅行からも、お得なJR往復+宿泊セットのオリジナルプランがでております。これも、交通と宿泊を別々で予約するよりも大幅に安くなります。

とりあえず、ホテル予約時にはこの3サイトをチェックしておけば、安心だと思います。