【Win7ネット遅い】インターネット接続が異常に重い時の対処方法まとめ(共有フォルダアクセスが遅い・Windows7 64bit版 TCP/IP問題)


 ※ご使用のブラウザによってはお気に入りに追加のボタンは機能しませんのでご了承ください


■発生事象

Windows7でインターネット接続やネットワーク共有フォルダに接続してみると・・・遅い?!・・・遅い!!!WindowsXPのころと比べて、アクセスが遅い!!

気のせいかと思っていたが、どうやらWindows7以降、標準ネットワーク設定が変更され、せっかく新たに実装された機能(SNP)によって、逆に悪い影響がでているとのこと。

64bit版のOSで特にその現象が多く発生しているとのこと。

これは、TCPドライバの機能の一部をハードウェアに切り出す機能であるが、これはNICとの相性依存することが大きく、相性が悪いとパケットを多く取りこぼし、スループットがでなくなるとのこと。本末転倒です。しかも、相性が悪いNICが大量にあるとのことで、多くのWindows7マシンで問題が発生しているとのこと。OFFにしてもなんら問題はないので、ONになっていればすかさずOFFにしましょう。

■修復方法

コマンドプロンプトから、「SNP」の機能をOFFにすることで、対処できます。

これは、コマンドプロンプトを「右クリック」を押して、管理者として実行 を選んで実行します。

管理者権限で無い場合は、管理者権限で実行します。

すると、コマンドプロンプトがでます。

まずは状態を確認します。

netsh int tcp show global

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\xxx>netsh int tcp show global
アクティブ状態を照会しています...

TCP グローバル パラメーター
----------------------------------------------
Receive-Side Scaling 状態 : enabled
Chimney オフロード状態    : automatic
NetDMA 状態               : enabled
Direct Cache Acess (DCA)  : disabled
受信ウィンドウ自動チューニング レベル : normal
アドオン輻輳制御プロバイダー : none
ECN 機能                     : disabled
RFC 1323 タイムスタンプ      : disabled
** 上の autotuninglevel 設定は、少なくとも 1 つのプロファイルのローカル/ポリシー
構成を上書きするウィンドウ スケーリング ヒューリスティックの結果です。

以下の3つの状態が、

Receive-Side Scaling 状態 : enabled
Chimney オフロード状態 : automatic
NetDMA 状態 : enabled

になっているならば、それらをdisabledにします。

ちなみに「Receive-Side Scaling」 機能は、TCP/IPのWindowSize(一度にまとまって送受信できるデータの量)を自動調整することで、データの送受信時の応答待ちの回数を減らすことができ、フレッツ光のように高速で信頼性の高いネットワークを使っている時に、よりスループットが上がる効果があります。

なので、特に問題がない場合、この設定をOFFにすることで、高速な回線を使っている場合、若干、最大スループットが低下する可能性もあります。

<変更手順>

まず。

netsh int tcp set global rss=disabled

をコピー&ペーストして実行します。

OKと出れば良いです。

次に、

netsh int tcp set global chimney=disabled

をコピー&ペーストして実行します。

OKと出れば良いです。

次に、

netsh int tcp set global netdma=disabled

をコピー&ペーストして実行します。

OKと出れば良いです。

こんな感じでコマンドを実行すれば、OKです。

 

<確認>

netsh int tcp show global

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\xxx>netsh int tcp show global
アクティブ状態を照会しています...

TCP グローバル パラメーター
----------------------------------------------
Receive-Side Scaling 状態 : disabled
Chimney オフロード状態    : disabled
NetDMA 状態               : disabled
Direct Cache Acess (DCA)  : disabled
受信ウィンドウ自動チューニング レベル : normal
アドオン輻輳制御プロバイダー : none
ECN 機能                     : disabled
RFC 1323 タイムスタンプ      : disabled
** 上の autotuninglevel 設定は、少なくとも 1 つのプロファイルのローカル/ポリシー
構成を上書きするウィンドウ スケーリング ヒューリスティックの結果です。

上の3つがdisabledになっていることを確認します。

なお、クライアント側での実施でうまくならない場合は、ファイルサーバ側(共有フォルダのパソコン)にも、同じように実施します。

以上


<高速バス> 最近、人気が高いのは高いのは、WILLER社が運営している高速バスです。2列で個室のような「コクーンシート」という座席がある、最先端の高速バスが予約できます。その他、さまざまな高速バスから選んで予約できるサイト(楽天トラベルのバス予約) では、多くの時間帯や乗車駅・下車駅が選べて、価格も安いので、おすすめです。

WILLER TRAVEL

<日本旅行のセットプラン> JRと関係が深い日本旅行なので、新幹線とホテルという珍しいセットプランがあります。ホテルと交通を個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合もあるとのことです。人気なので予約ですぐに一杯になることも多いので、一度チェックしてみると良いと思います。