【Win10高速化】Win10パソコンの体感速度をReadyBoostで改善/WindowsDefenderに戻して高速化(2018.4)


Win10/トラブル対処/Javscrtipt/Perl/定番アプリ/スマホ節約 TOPはこちら


パソコンがもっさりして遅い!!HDDのランプがいつも点灯していて遅い。

そんな時は、Ready Boostで体感速度を改善できます。

 

メモリ容量2GBでは不足


<事象>常に遅い、もっさり感がある、HDDが常にアクセスしている、画面の表示が遅い

パソコンの性能が不足している場合、ブラウザボタンを押してもなかなか開かない、画面が表示されるまで時間がかかる、

例えば「株サイト」など動的表示を行うサイトがやたら遅い、HDDのアクセスランプが常に点灯している、などがあります。

最近のホームページは、パソコン側で処理をする必要があるサイトが増えてきており、以前よりもパソコンの処理負担が増える傾向があります。

例えばレイアウトが凝ったページ、プログラムやスクリプトがブラウザで動くページなどは負担が高まります。

この場合、通信回線を変えても改善しません。

<対処法>ReadyBoostで高速化

パソコンを買い替える でも・・・高いですし、そう簡単には難しいと思いますので、以下の改善案をご提案します。

Windows10などでは、市販のUSBメモリを活用して、パソコンの処理性能を改善する機能があります。それが「ReadyBoost」機能です。

メモリが不足している場合(例えば2GB程度しかない場合)・・・USBメモリを購入して「ReadyBoost」機能を使用するです。

8GB程度のUSBメモリでも大きく体感速度が変わります。USBメモリは常にパソコンに挿入したままにしますので、できれば小型のものをお勧めします。またUSB3.0対応の方が速いのでお勧めです。

@USBメモリをパソコンに挿入します。このUSBメモリのデータは消えてしまうので、重要なデータが入っている場合はバックアップを取っておきます。

Aマイコンピュータを開きます

B挿入したUSBメモリが表示されると、右クリックをします。

Cそして、プロパティをクリックします。

Dそうすると、プロパティの画面が開きますので、「ReadyBoost」と書かれたタグを押します。

E「このデバイスをReadyBoost専用にする」または「このデバイスを使用する」のボタンをクリックします。

F「システム速度のために予約する領域」は4000MB以上で適宜設定します。

G「適用」ボタンを押します。

・・・すると、以後、パソコンが速くなります。

パソコンのメモリが足りない場合はこれで改善可能です。そもそも性能が全般的に足りていない場合は、以下を試しましょう。

 

市販ウイルス対策ソフトをアンインストールして、WindowsDefenderに戻す


ウイルス対策ソフトは、パソコンに大きな負荷をかけます。特に市販のウイルス対策ソフトは対策機能が多い分、パソコンへの負担も多くなります。

Windows10では標準でウイルス対策ソフト Windows Defender がついています。

市販のウイルス対策ソフトからは若干、機能面では劣りますが、それでも充分な機能を有しています。

市販のウイルス対策ソフトやフリーのウイルス対策ソフトを使用している場合、そのウイルス対策ソフトをアンインストールして、

Windows10に標準でついているWindows Defenderに戻すことで、パソコンの負荷を軽減できます。

なお、市販のウイルス対策ソフトをアンインストールして再起動すると、自動的にWindowsDefenderがONになります。

 

 


◆ビジネスホテル・高速バスの予約テクニック

なんだかんだで、ホテルに直接予約すると料金が高かったり満室であったりします。そんなときは楽天トラベルなどの予約サイトから予約をすると、空室が結構あったり、安く予約できたりします。適宜活用してください。

予約サイトへのリンクはこちら


◆東京〜大阪間で交通費を節約するならば、高速バス

2列のコクーンシートがあるWILLERの高速バスの予約は以下からできます。

WILLER TRAVEL