【ネットが遅い原因は】回線が遅い原因でない、意外な原因とその対策(2018.4)


最近、インターネットが遅い・・・と思う事は無いでしょうか。

せっかく光回線にしたのに、全然速くない・・・!!きっと回線が混んでいるのでは。。。。

と思う人も多いと思います。

最近では、回線が遅いのでは?!と思う人に対して「2Gの高速回線」を売り込んでくる業者などがあります。

「フレッツ光が遅いから回線を変えましょう」などの売り文句で慌てて回線を変えてしまっても、「結局体感速度はあまり変わらない・・・ orz... 」

手間と暇とコストをかけて、しかも数年間縛り・・・なんて・・・失敗した、という人が続出しているのも実態です。


ネットが遅い原因は「回線部分」では・・・なかった


いまから20年より前、ISDNやADSLの頃はインターネットが遅い原因の一つに回線の速度がありました。

しかし時は過ぎて、光回線が普及してきている今、事情は少し変わってきています。

 

<ネットが遅い五大原因>

ネットが遅い理由の大半が、パソコンや無線LAN、インターネットやアクセス先のサーバで、フレッツ光などの光回線では無いのです。


インターネットでホームページを閲覧したり、動画を見たりする場合、様々な通信環境を経由して、サーバにたどり着きます。

そしてサーバはユーザの要求に応じてページを返したり、動画データを送信したりします。

道路で例えるならば、下の図のようなイメージになります。

@Aパソコンの処理性能、ABCネットワークの混雑によるスループットの低下、Dサーバ処理時間が原因です。

パソコンの性能は、ウイルス対策ソフトや閲覧するサイトが重いなどが原因です。

ネットワークはいくつかに分けて考える必要があります。

フレッツ光回線の部分は、データを伝送するだけなので、数ミリ秒程度遅延せず、また、帯域も充分にあります。ただしインターネットに出ると、通信が混み出します。通信が混雑すると、パソコンとサーバ間で送出速度を自動的に調整します。その結果、通信速度が低下します。ただし、この動作は悪い動作ではありません。もし、通信が混雑している時に大量のデータを送信すると、途中でデータがあふれて「廃棄」されてしまいます。そうすると、もう一度データを送信し直さなければいけなくなり、時間がかかってしまいます。通信速度の制御はその「廃棄」を防ぐために、ベストな状態になるように自動的に調整するのです。

ちなみに、パソコンとサーバ間で送出速度の制御がうまく行われない場合、帯域を超えたデータは、ルータ(中継器)で廃棄され消失したり、バッファに入って通信が空くまで待たされたりします。

通信速度は、一番遅い区間の速度に合わされてしまいます。そのため、いくらアクセス回線が2Gなどの速い速度になったとしても、実際にインターネットを利用した時の体感速度はあまり変わりません。

サーバの入り口となる通信部分はボトルネックになる箇所です。サーバがインターネットに接続している帯域が「100Mbps」の場合、例え2Gbpsのネットワーク回線で接続して、仮にあなた一人がそのサーバを専有したとしても100Mbps以上は出ません。更に何十人が同時にアクセスした場合、単純に平均を取ると数Mbps以上は出ません。実際のサーバはもっとシビアなので、一人当たり平均数百キロbps程度出れば良いほうです。

そして、一番、処理時間がかかり、遅延時間も大きくなるのは、サーバ部分です。

サーバでは、データを取りこぼさないように、大きいサイズのバッファが設定されている場合が多くなります。混雑しているとそこで待ち時間が発生します。そして、受け取ったデータを判別して、データにアクセスして送出する処理をします。この処理は数百ミリ秒〜数秒程度要します。伝送では往復でも数ミリ秒〜数十ミリ秒程度なので、サーバの部分は伝送の何倍、何十倍の処理時間を要します。更に、多くのパソコンやスマホからアクセスがある場合、更に時間がかかります。


こうすればネットが早くなる!!


では、次にそれぞれの体感速度低下の原因と対策を記載していきます。

原因@ パソコンの性能不足

<特徴>常に遅い、もっさり感がある、HDDが常にアクセスしている、画面の表示が遅い

パソコンの性能が不足している場合、通信回線を変えても改善しません。

ブラウザボタンを押してもなかなか開かない、画面が表示されるまで時間がかかる、

例えば「株サイト」など動的表示を行うサイトがやたら遅い、HDDのアクセスランプが常に点灯している、などがあります。

最近のホームページは、パソコン側で処理をする必要があるサイトが増えてきており、以前よりもパソコンの処理負担が増える傾向があります。

例えばレイアウトが凝ったページ、プログラムやスクリプトがブラウザで動くページなどは負担が高まります。

<対処法>パソコンの改善

パソコンを買い替える でも・・・高いですし、そう簡単には難しいと思いますので、以下の改善案をご提案します。

メモリが不足している場合(例えば2GB程度しかない場合)・・・USBメモリを購入して「ReadyBoost」機能を使用するです。

Windows10などでは、市販のUSBメモリを活用して、パソコンの処理性能を改善する機能があります。それが「ReadyBoost」機能です。

8GB程度のUSBメモリでも大きく体感速度が変わります。USBメモリは常にパソコンに挿入したままにしますので、できれば超小型のものをお勧めします。

ReadyBoostで高速化

 

原因A 市販・フリーのウイルス対策ソフト

<特徴>常に遅い、もっさり感がある、画面表示が遅い

最近のウイルス対策ソフトは、多くの機能がある反面、どうしてもパソコンの負荷を高めます。またネットへのアクセスも遅くなります。

特にパソコンの性能が不足している場合、顕著に体感速度に影響します。

場合によってはCPUの50%をウイルス対策ソフトが消費しているということもあります。

<対処法>

市販ウイルス対策ソフトやフリーのウイルス対策ソフトがパソコンの負荷を高めている場合、アンインストールをしてWindowsDefenderに戻すという対策があります。

市販ウイルス対策ソフトをアンインストールして、再起動すると、WindowsDefenderが自動的に有効になります。

WindowsDefenderに戻して高速化

 

原因B 無線LAN

<特徴> 急につながらなくなったり、アンテナの数が減ったりする

ご家庭で無線LANを使用しているケースは多いと思います。

無線LANの普及により、無線LANのアクセスポイント同士が競合して、通信速度が低下することがあります。

最近の無線LANアクセスポイントは、周囲の通信状態から自動的に最適なチャンネルを設定しますが、

無線の状態は刻々と変化するため、外部の電波が強くなったり、電子レンジなど電波の影響を受けて通信速度が低下する事はよくあります。

また、壁1枚を隔てるだけで大幅に通信速度が低下することも良くあります。

無線LANは規格上の最大スループットの3割〜半分も出れば良いほうで、1〜2割でも仕方ない。

<対処法>

@通信速度が必要な場合は有線での接続に変えてみる

A無線LANアクセスポイントをパソコンやスマホの近くに移動する

B比較的混雑しにくい5GHzの無線LANを使用する。(ただし5GHz帯は物陰などで急にスループットが低下します)

 

原因C インターネット

<特徴> 夜9〜12時が遅い

インターネット区間の通信速度は刻々と変化します。

十Mbps程度の通信速度が出ることがあれば、数百キロbps程度しか出ない時もあります。

ただし、最近では、大手サイト(Youtubeなどの動画サイトなど)は、ネットワーク的に近くにサーバが設置してあることが多く、インターネット部分の影響をあまり受けないようにして、体感速度が低下しないよう工夫されています。

<対処法> インターネット部分の改善には、あまり良い対処法はありません

@アクセスする時間を変えてみる

A格安プロバイダを使用している場合、プロバイダを変えてみる(手間はかかりますが・・・)

 

原因D サーバ

<特徴> 特定のサイトが遅い、速かったりサクサクアクセスできるサイトもある

他にサクサクとアクセスできるサイトがある場合、サーバが混雑している可能性があります。

<対処法> サーバも、あまり良い対処法はありません

@アクセスするサイトを変えてみる

Aアクセスする時間を変えてみる

 

以上が、ネットが遅い原因の分析です。

「フレッツ光が遅いから回線を変えましょう」などの売り文句で、慌てて回線を変えてしまっても、「結局体感速度はあまり変わらない・・・ orz... 」と、

後悔しないためにも、いま、何が原因で遅いのか、今一度確認してみましょう。

 


◆ビジネスホテル・高速バスの予約テクニック

なんだかんだで、ホテルに直接予約すると料金が高かったり満室であったりします。そんなときは楽天トラベルなどの予約サイトから予約をすると、空室が結構あったり、安く予約できたりします。適宜活用してください。

予約サイトへのリンクはこちら


◆東京〜大阪間で交通費を節約するならば、高速バス

2列のコクーンシートがあるWILLERの高速バスの予約は以下からできます。

WILLER TRAVEL