【マインクラフト】Java版と統合版のクロスプレイができるサーバで「OneBlock」のマルチプレイをやってみる方法(Minecraft, NINTENDO SWITCH)


PC/プログラム/ゲーム/ネット系レポ TOPはこちら

マインクラフト「OneBlock」をJava版と統合版のクロスプレイで遊びたい

マインクラフトは、パソコン「Java版」と「統合版」の2種類があります。ただし、Java版と統合版はお互いに同じサーバにつないで遊ぶこと(クロスプレイ)は通常できません。ただし、相互に接続可能な変換機能を使うことで、相互に接続することが可能となります。今回は、いくつかある方法の中で、一番簡単といわれている、Spigotによるサーバのプラグインで実現する方式で、「One Block」のマルチプレイを試してみましたのでご紹介します。

Java版と統合版でクロスプレイ可能なサーバを構築する方法(SpigotとGyeserプラグインとfloodgate-bukkitプラグインで実現)はこちら

(2021.1.18)

手順

@Java版と統合版がクロスプレイ可能なサーバを構築(SpigotとGyeserプラグインとfloodgate-bukkitプラグインで実現)

※上ページに詳しく記載しています。ご参照ください。

AOneBlockのページから一式が入ったZIPをダウンロード

https://ijaminecraft.com/map/oneblock/

このページの下の方へスクロールをして・・・

Downloadをクリックして・・・

使用しているマインクラフトのバージョンに合わせたファイルをダウンロードします。

ダウンロード。

解凍するとこんな感じです。

解凍したファイルを、

C:\Minecraft\spigot\world

黄色部分は、spigotを導入したフォルダによって異なります)

に、まるごと上書きします。

丸ごとコピーの様子

ちなみに、上書きコピーをすると、これまでのworldデータはなくなってしまいます。なくなってはいけない場合は worldフォルダを丸ごとコピーしてどこかに保存しておくとよいです。

ゲーム画面

サーバを起動(コマンドプロンプトから C:\Minecraft\spigot> java -Xmx2G -jar spigot.jar) して、

ゲームを開始して、サーバに接続すると、ワンブロック(One Block)のワールドになります。

もちろん、複数人でのマルチプレイも可能です。

以上。