【グローバルIPアドレス】インターネットプロバイダから割り当てられたグローバルアドレスを表示するCGI


PC/プログラム/ゲーム/ネット系レポ TOPはこちら

自宅に払い出されたグローバルIPv4アドレスはなに?

グローバルIPアドレスって何?

パソコンやスマホ、タブレットからインターネットにつないでホームページを見たり動画を見たりする場合、 ISP(インターネットサービスプロバイダ)から割り当てられた、世界で唯一のグローバルIPアドレス(IPv4アドレス)を使用してアクセスしています。グローバルIPアドレスは、ISPが払い出しを行います。通常、1契約につき1つのグローバルIPアドレスが1つ割り当てられます。通常、払い出されるグローバルIPアドレスは決まっておらず、接続の都度や定期的に空いているアドレスが割り当てられます。(そのため、Webサーバなど、他の人からアクセスをしてもらうようなサーバを立てる場合は、IPアドレスが変わらない「固定IPアドレス」の契約をします。固定IPサービスは高額です。)

ISPから払い出されるグローバルIPアドレスは、通常1契約あたり「1つ」なので、パソコンやスマホ、タブレットやゲーム機などたくさんの機器をつなぐ場合、直接グローバルIPアドレスをパソコンに設定してしまうと、その1台しかインターネットに繋げられなくなります。そうなると不便なので、通常、家庭では、NTTからレンタルされているHGW(ホームゲートウェイのルータ機能)や市販ルータ装置を使用します。

HGWに「グローバルIPアドレス」 を割り当てて、家庭内で使用するパソコンやスマホ、タブレットやゲーム機は「ローカルIPアドレス」を割り当て、HGWのルータ機能で 「グローバルIPアドレス」と「ローカルIPアドレス」を"変換"して、グローバルアドレスが1つでも、複数の家の中の端末から同時にインターネットへ接続できるようにしています。

なお「ローカルIPアドレス」とは、192.168.1.101 などのアドレスです。ローカルIPアドレスは、HGWやルータが払い出したアドレス(HDCPによる払い出し)を使用することが多いです。(もちろん、ユーザが任意のIPアドレスをパソコンなどに設定することも可能です)

パソコンに割り当てられた「ローカルIPアドレス」を見てみましょう

コマンドプロンプトで

ipconfig

と打ち込むと、自分のローカルIPアドレスがわかります。このパソコンは、192.168.1.55 が割り当てられていますね。

ちなみに、パソコンで、IPconfig コマンドなどでIPアドレスを確認しても、192.168.1.55 などの「ローカルIPアドレス」は 知ることができますが、インターネットへのアクセスで使用する「グローバスIPアドレス」は知ることができません。

グローバルIPアドレスを表示できるページ

自分に払い出されているグローバルIPアドレスが何なのかを確認が必要な場合、インターネットのWebサーバへアクセスすることで確認できます。

以下のページを開くと、ISPから払い出されたIPアドレス(IPv4アドレス)を知ることができます。

【グローバルIPアドレス】インターネットプロバイダから割り当てられたグローバルアドレスを表示するページ

これは、アクセス元のIPアドレスを表示するだけのページです。

そもそもどんな時にグローバルIPアドレスの確認が必要なの?

例えば、自宅でマインクラフトのサーバを立てて友達を招待するときや、Webサーバを自宅に立てて外部から接続する場合などに、グローバルIPアドレスを確認する必要があります。

ただし、確認したとしても、通常家庭で契約しているISPから払い出されるグローバルIPアドレスは定期的に変わるため、その都度確認が必要です。

グローバルIPアドレスを表示できるページの中身

先ほどのページの中身は(perl のCGI) は以下となります。perlでたった3行です。ちなみにホームページサービスによってはCGIを使えなかったり、アクセス権設定の変更や、専用のフォルダ配下しか設置できないなどルールがありますので、ご契約しているホームページサービスの内容をご確認ください。

#!/usr/bin/perl 
print "Content-type: text/plain\n\n"; 
print "Current IP Address: $ENV{'REMOTE_ADDR'}\n"; 

以上です。