【簡単!はじめての青色申告】仕訳帳の書き方(複式簿記)個人事業主・青色申告(まとめ)


青色申告に必要な複式簿記。慣れれば簡単ですが、はじめはちょっと難しい。

簡単に記載するために、具体的なケース毎の記載方法を例示しました。参考にしていただければ、と思います。

※IEのみボタンが動作します


<想定する個人事業主のケース>

・一人で働いている

・木材を仕入れて、家具を販売している

・事業用の普通口座がある。事業用のクレジットカードもある。

・事業主個人用のクレジットや、事業主の個人のお金で物品を購入することもある。

・借家で家賃を支払っている。家は、事業用と個人用を兼ねている。

・事業では電気を使用しているが、こちらも事業用と個人用で兼ねている。

収入関係の扱い

仕入れ・入金関係の扱い

経費の支出の扱い

出張の費用の扱い

普通預金(事業用口座)からの引き出し・入金

電気代などの扱い

家賃などの扱い

通信料金・切手代などの扱い

自動車関係経費の按分比率について

税金など

通帳の利息など

 


収入関係

■1月16日に、「椅子」が売れて、売上が現金で5000円入った。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/16 現金 5,000円 売上 5,000円 椅子

■1月16日に5000円の椅子が売れた。売り上げは1月20日に現金で入った。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/16 売掛金 5,000円 売上 5,000円 椅子
1/20 現金 5,000円 売掛金 5,000円 1/16に売れた椅子

■1月16日に5000円の椅子が売れた。売り上げは1月20日に事業用の預金通帳に入った。振込手数料210円分は引かれて振り込まれていた。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/16 売掛金 5,000円 売上 5,000円 椅子
1/20 普通預金 4,790円 売掛金 4,790円 1/16に売れた椅子
1/20 支払手数料 210円 売掛金 210円 振り込み手数料

■1月20日に、副業で行っていた広告収入として事業用の貯金通帳に10000円振り込まれた。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/20 普通預金 10,000円 売上 10,000円 広告収入

 


仕入れ・入金

■1月25日に、木材を5万円で仕入れた。とりあえず個人事業主の個人のお金で建て替えて支払い、1月30日に事業用の普通預金から個人事業主の財布へ補てんした。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/25 商品仕入高 50,000円 事業主借 50,000円 木材原材料
1/30 事業主貸 50,000円 普通預金 50,000円 1/25の仕入れ立替分

■1月25日に買った木材でテーブルを作り、2月10日に8万円で売れた。事業用の普通預金への入金は3月10日。手数料1000円は3月15日に事業用の普通預金から別途引き落とされた。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/10 売掛金 80,000円 売上 80,000円 テーブル
3/10 普通預金 80,000円 売掛金 80,000円 2/10のテーブル分
3/15 支払手数料 1,000円 普通預金  1,000円 テーブルの手数料

■1月25日に買った木材でテーブルを作り、2月20日に8万円で売れた。事業用の普通預金への入金は3月10日。手数料1000円は引かれて事業用の普通預金へは79000円入金された。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/20 売掛金 80,000円 売上 80,000円 テーブル
2/20 支払手数料  1,000円 売掛金  1,000円 テーブルの手数料
3/10 普通預金 79,000円 売掛金 79,000円 2/20のテーブル分

 


経費の支出編

■1月10日に、業務に必要な文房具(筆記具)を1500円で購入した。1500円は事業用の現金から支出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/10 消耗品費 1,500円 現金 1,500円 文房具(筆記具)

■1月10日に、業務に必要な文房具(筆記具)を1500円で購入した。1500円は個人事業主の財布から支出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/10 消耗品費 1,500円 事業主借 1,500円 文房具(筆記具)

■1月25日に、ビジネスソフトを購入するために事業用の預金通帳から1万円振り込みを行った。振り込み手数料は210円要し、手数料も事業用の普通預金から支出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/25 消耗品費 10,000円 普通預金 10,000円 ビジネスソフト
1/25 支払手数料  210円 普通預金 210円 振り込み手数料

■1月25日に、1万円のビジネスソフトを事業用のクレジットカードで購入した。2月25日にカードの利用料金は事業用の普通預金から引き落とされた。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/25 消耗品費 10,000円 未払金 10,000円 ビジネスソフト
2/25 未払金 10,000円 普通預金 10,000円 ビジネスソフト

■1月25日に、1万円のビジネスソフトを個人事業主のプライベートのクレジットカードで購入して立て替えた。クレジットの請求は3月予定。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/25 消耗品費 10,000円 事業主借 10,000円 ビジネスソフト

※消耗品となるのは10万円まで。それ以上は固定資産となり、別の管理となります。

※クレジットの請求が3月でも、事業主借なので、購入日の日付となります。

 


出張の費用

■2月10日に、大阪へ業務上の出張を行って、交通費は3000円だった。交通費3000円は会社で管理している現金から支出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/10 旅費交通費 3,000円 現金 3,000円 大阪出張

■2月10日に、大阪へ業務上の出張を行って、交通費は3000円だった。交通費3000円は個人事業主の財布から支出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/10 旅費交通費 3,000円 事業主借 3,000円 大阪出張

※ガソリン代の場合は、自動車の燃費×走行距離×リッターあたりのガソリン料金から算出します。ガソリン給油時の領収書は必要です。

※タクシーの場合は、乗車区間を記録しておく必要があります。領収書は必要です。

※電車・バスの交通費は、実際の経路を別途記録しておく必要があります。領収書は不要です。

※業務に関係がない人の交通費は、費用として支出はできません。

 


普通預金(事業用口座)からの引き出し・入金

■2月15日に、事業用の預金通帳から1万円を引き出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/15 事業主貸 10,000円 普通預金 10,000円 引出

■2月25日に、預金通帳の残高が少なくなってきたので、個人事業主の現金10万円を、預金通帳に入金した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/25 普通預金 100,000円 事業主借 100,000円 入金

 


電気代

■2月25日に、電気代が個人事業主の個人口座から引き落とされる(立て替え)。引き落とされる電気代のうち、事業で使用しているのは5000円分。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
2/25 水道光熱費 5,000円 事業主借 5,000円 電気代(事業分)

※電気代は、実際に使用している電力の計測ができればよいが、計測が難しい場合、@使用している機材の電力量と使用時間、電力の単金から算出する、A使用しているコンセント数の比率と、業務で使用する時間などから按分比率を算定する方法 などで算出すると良い。いずれにしても、妥当性があるかが重要である。

 


家賃の費用

■家賃を10万円支払っている。家賃は事業主の個人の口座から支払っている。(事業用の預金口座ではない)

12か月で120万円支払っている。そのうち、事業で使用している延べ床面積は全体の20%(24万円)、自家用は80%(96万円)である。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
 1/1 地代家賃 100,000円 事業主借 100,000円 家賃1月分
 :          
12/1 地代家賃 100,000円 事業主借 100,000円 家賃12月分
12/31 事業主貸 960,000円 地代家賃 960,000円 家賃(自家用80%分)

※事業で使用している延べ床面積は、図面などで専有している面積を明確化する必要があります。

※家賃については、契約書など金額が明記されている書類と、別途支払っている場合、その支払い証跡を保管しておく必要があります。

 


通信料金・切手代など

事業用の金額が明確にできる場合(専用で使用している携帯電話、業務専用のWebサービス)

■事業専用の携帯電話の料金が1/22に事業用の普通預金から5000円引き落とされた。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/22 通信費 5,000円 普通預金 5,000円 携帯電話料金

事業用の金額が明確にできない場合、実際の通信時間や業務の専有時間の比率から、按分することも可能

■事業と個人で併用している携帯電話の料金が1/22に普通預金から5000円引き落とされた。12/31に年間の利用時間の按分比率を算出した結果、按分比率は自家用が60%、業務用が40%であった。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
 1/22 通信費 5,000円 事業主借 5,000円 携帯料金
12/31 事業主貸 3,000円 通信費 3,000円 携帯料金(自家用60%)

※業務で使用する時間で按分する場合、業務時間と業務外時間を明確化した上で按分を実施する。

  「専有時間」以外に客観的に妥当となる定量的な評価軸があればそれでもかまわない。

 


自動車関係経費の按分比率について

自動車に関係する経費の按分比率は、実際の走行距離(年間の業務で使用した距離)が年間走行距離の占める割合などから算定します。

(他に妥当な方法があれば、それでも構いません)

そのため、走行距離を記録しておく必要があります。年間の走行距離から比率を算出します。

自動車関係の経費としては、駐車場代、自動車保険料、車検費用、自動車税、修理代などがあります。

■8月10日に自動車を修理し、事業主の個人の財布から支出した。
12月31日に走行距離を集計した結果、年間の走行距離から自家用が60%、業務用が40%であった。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
 8/10 修繕費 80,000円 事業主借 80,000円 自動車修理費用
12/31 事業主貸 64,000円 修繕費 64,000円 自動車修理費用(自家用60%分)

■3月25日に自動車保険を事業主の個人の財布から支出した。
12月31日に走行距離を集計した結果、年間の走行距離から自家用が60%、業務用が40%であった。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
 3/25 損害保険料 30,000円 事業主借 30,000円 自動車保険
12/31 事業主貸 18,000円 損害保険料 18,000円 自動車保険(自家用60%分)

 


税金など

■1月31日に、収入印紙20000円を現金で購入した。事業用の現金から支出した。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
 1/31 租税公課 20,000円 現金 20,000円 収入印紙

■5月10日に、自動車税 30000円を支払った。事業主の個人の財布から支出した。

12/31に自動車の按分比率を算出した結果、自家用が60%、業務用が40%であった。

(※12/31に今年の自家用の按分比率が明確化された)

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
5/10 租税公課 30,000円 事業主借 30,000円 自動車税
12/31 事業主貸 18,000円 租税公課 18,000円 自動車税(自家用60%分)

 


通帳の利息など

■1月22日に、貯金通帳に利息が10円振り込まれていた。

日付 借 方 貸 方 摘要
勘定科目 金額 勘定科目 金額
1/22 普通預金 10円 事業主借 10円 利息

以上、さまざまなケースについて記載しました。

 

 


おススメできる簿記ソフト

なお、私がおススメする簿記ツールは 「エクセル簿記」 です。

こちらのサイトからダウンロードできます⇒ https://management.main.jp/

エクセル簿記(一般用)で、簡単に複式簿記が可能となります。


◆ビジネスホテルなどを安価に予約できるサイトはここです(じゃらん・楽天トラベルのサイトです)