【東海道新幹線】 料金一覧表(指定席・自由席・EX-IC)


700系新幹線

東京・品川・新横浜〜大阪・京都・名古屋・静岡区間の新幹線料金一覧表です。新幹線の割引で購入する方法や、宿とセットにすることで通常ではほとんど割引が無い東海道新幹線を安く乗車できる方法などの情報も最後のほうに記載していますのでよろしければ参考にしてください。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

自由席・指定席の料金は、会社の出張精算などにご活用ください。ちなみに、指定席は季節(閑散期・通常期・繁忙期)によって −200円/±0円/+200円と料金が異なります。なお、のぞみの指定席は他の指定席より料金が上乗せされています。ご注意ください。(参考:【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧

指定席を利用する場合は、実際の旅行日を確認して、その日がどの分類に該当するかを確認しましょう。

 ※InternetExplorerのみボタンは動作します

★ポイント★ 東京〜大阪間 片道
  • 指定席(のぞみ)=14,450円(±200円)
  • 指定席(ひかり・こだま)=14,140円(±200円)
  • 自由席=13,620

※プラス200円は繁忙期(主に、春休み・GW・夏休み・冬休み)、マイナス200円は閑散期、±0円は通常期


東京・品川←→
新大阪・京都・名古屋・浜松・静岡・熱海・小田原の場合

東海道新幹線 料金一覧

東京・品川発 指定席
(のぞみ)
指定席
(ひかり・こだま)
自由席 EX-IC (参考)e特急券
指定席/自由席

新神戸・
神戸市内

乗車券 9290
特急券 5810円(±200円)
計    15,100円(±200円)
乗車券 9290
特急券 5390円(±200円)
計    14,680円(±200円)
乗車券 9290
特急券 4870
計    14,160
13,910
(新神戸)

e特急券 4820

新大阪・
大阪市内

乗車券 8750
特急券 5700円(±200円)
計    14,450円(±200円)
乗車券 8750
特急券 5390円(±200円)
計    14,140円(±200円)
乗車券 8750
特急券 4870
計    13,620
13,370
(新大阪)

e特急券 4820

京都
京都市内

乗車券 8210
特急券 5700円(±200円)
計   13,910円(±200円)
乗車券 8210
特急券 5390円(±200円)
計    13,600円(±200円)
乗車券 8210
特急券 4870
計    13,080
12,830
(京都)

e特急券 4820

名古屋
名古屋市内

乗車券 6260
特急券 4830円(±200円)
計   11,090円(±200円)
乗車券 6260
特急券 4620円(±200円)
計    10,880円(±200円)
乗車券 6260
特急券 4100
計    10,360
10,110
(名古屋)

e特急券 4050

浜松

 − 乗車券 4430
特急券 3860円(±200円)
計     8,290円(±200円)
乗車券 4430
特急券 3340
計    7,770
7,570 e特急券 3340

静岡

 − 乗車券 3350
特急券 3000円(±200円)
計    6,350円(±200円)
乗車券 3350
特急券 2480
計    5,830
5,630 e特急券 2480

熱海

 − 乗車券 1940
特急券 2250円(±200円)
計    4,190円(±200円)
乗車券 1940
特急券 1730
計    3,670
3,470 e特急券 1730

小田原

 − 乗車券 1490
特急券 2250円(±200円)
計    3,740円(±200円)
乗車券 1490
特急券 1730
計    3,220
3,220
(東京-小田原)
3,040
(品川-小田原)
e特急券 1730
 

繁忙期 +200円 :3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日
閑散期 -200円 :1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 
通常期 ±0円:上記以外の日


【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧


新横浜←→
新大阪・京都・名古屋・浜松・静岡・熱海・小田原等の場合

東海道新幹線 料金一覧

新横浜発 指定席
(のぞみ)
指定席
(ひかり・こだま)
自由席 EX-IC (参考)e特急券
指定席/自由席

新神戸・
神戸市内

乗車券 8960
特急券 5810円(±200円)
計    14,770円(±200円)
乗車券 8960
特急券 5390円(±200円)
計    14,350円(±200円)
乗車券 8960
特急券 4870
計    13,830
13,590
(新神戸)

e特急券 4820

新大阪・
大阪市内

乗車券 8420
特急券 5700円(±200円)
計    14,120円(±200円)
乗車券 8420
特急券 5390円(±200円)
計    13,810円(±200円)
乗車券 8420
特急券 4870
計    13,290
13,040
(新大阪)

e特急券 4820

京都
京都市内

乗車券 7880
特急券 5370円(±200円)
計   13,250円(±200円)
乗車券 7880
特急券 5060円(±200円)
計    12,940円(±200円)
乗車券 7880
特急券 4540
計    12,420
12,180
(京都)

e特急券 4490

名古屋
名古屋市内

乗車券 5620
特急券 4830円(±200円)
計   10,450円(±200円)
乗車券 5620
特急券 4620円(±200円)
計    10,240円(±200円)
乗車券 5620
特急券 4100
計    9,720
9,460
(名古屋)

e特急券 4050

浜松

 − 乗車券 4000
特急券 3860円(±200円)
計    7,860円(±200円)
乗車券 4000
特急券 3340
計     7,340
7,570 e特急券 3340

静岡

 − 乗車券 2590
特急券 3000円(±200円)
計    5,590円(±200円)
乗車券 2590
特急券 2480
計     5,070
5,070 e特急券 2480

熱海

 − 乗車券 1320
特急券 2250円(±200円)
計    3,570円(±200円)
乗車券 1320
特急券 1730
計    3,050
3,040 e特急券 1730

小田原

 − 乗車券 970
特急券 2250円(±200円)
計    3,220円(±200円)
乗車券 970
特急券 980
計    1,950
2,700
(指定席)
1,950
(自由席)

※新横浜〜大阪市内の場合、新幹線の乗車区間を新横浜〜京都間にして、新快速で京都〜大阪間を移動すると、乗車券 8420円(新横浜〜大阪市内)+特急券 4540円(新横浜〜京都)=  12,960 となり、若干(片道で330円)安くなります。

※往復で利用する場合、往復割引を使うことで、東京〜大阪間や、東京〜神戸間の乗車券を安くすることができます。(東京〜神戸で1,300安くなります)

※EX-ICの料金は、指定席・自由席とも同じ料金です(一部、近距離の場合は別料金)。なお、市内や都区内といった特例は適用されないので、例えば、東京から大阪まで移動する場合は、別途、新大阪〜大阪間は料金が必要になります。

参考:  東京・大阪間で通常は利用できない往復割引を利用して最大2000円近く節約するテクニック

繁忙期 +200円 :3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日
閑散期 -200円 :1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 
通常期 ±0円:上記以外の日


【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧


東海道新幹線 割引テクニック

基本的に東海道新幹線で大幅な割引はほとんどありません。

以前はチケットショップで購入をするとお得でしたが、最近は割引もほとんど無く、エクスプレス予約の方が指定席が安く購入できるケースの方が多くなっております。

★割引テクニック★ 

そんな中でも、東海道新幹線を安く乗る方法がいくつかあります。

@往復割引テクニック

通常では、500キロ程度なので東京〜大阪間では往復割引は適用されませんが、(往復600キロ超のみ適用のため)、経路を工夫することで、通常に切符を購入するよりも、周辺駅まで行くことができ、さらに、通常に東京〜大阪間の切符を購入するよりも安くなるケースがあります。出発地・目的地によっては、往復で最大1940円安くなります。

⇒ 東京・大阪間で通常は利用できない往復割引を利用して最大2000円近く節約するテクニック

東京・大阪間で往復割引が適用できる切符

AEX−ICカードを作って、キャンペーンを利用する

JR東海の会員制ICカード EX-ICでは、こだまが安くなるキャンペーンが時々実施されています。頻繁に利用するならばEX−ICカードを作ることをオススメします。

BJR東海ツアーズのぷらっとこだま

時間に余力があれば「ぷらっとこだま」もあり。東京〜大阪間を10,300円で移動できる。ただし1日前以前の予約必要です。また利用できる便や座席数も限られており、早めに予約しなければすぐに売切れてしまうことも多いようです。

C精算機で精算テクニック(若干ですが・・・)

東京都区内や周辺へ行く場合・帰る場合、うまくすれば運賃が若干安くできます。

これは、東京都区内切符の特徴を活かして、乗り越し精算機で精算することで結果的に安くなります。ただし、安くならない事例や、逆に高くなってしまう事例があるので、事前の調査が大切です。

⇒ その1東京都区"外"駅へ行く場合、都区内切符を精算機で精算すると安くなるテクニック

⇒ その2東京都区"内"駅へ行く場合、都区内切符を買わずに精算すると安くなるテクニック

D交通と宿泊のセットプランテクニック

各旅行サイトでは、新幹線とホテル予約といういセットプランもあります。ホテルと交通を個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合もあるためおススメです。ただし、人気なので予約がすぐに埋まることが多いです。 ⇒ 日本旅行のサイト

E高速バスによる節約テクニック

翌日に余裕がある場合などは、高速バスで節約するという手もあります。人気が高いのは高いのはWILLER社の高速バスです。

また、さまざまな会社の高速バスから選んで予約できるのは楽天トラベルのバス予約


大阪→東京 終電情報

大阪→東京方面の最終電車です。

東京でも多摩地区へは、最終の新幹線で終電に間に合わないのでご注意ください。

方面 目的地 新大阪駅発 到着時刻 経由
東京都内へ 東京駅 21:23(最終のぞみ) 23:45  
三鷹駅 21:23(最終のぞみ) 0:31 東京経由
立川駅 21:23(最終のぞみ) 0:50 東京経由
21:23(最終のぞみ) 0:48 新横浜経由
拝島駅 21:03 0:56 新横浜経由
東大和市駅
(西武)
20:46 0:37 品川・高田馬場経由
21:23(最終のぞみ) 1:20 立川経由
1:04 発深夜バス(平日)
玉川上水
(西武)
20:46 0:40 品川・高田馬場経由
八王子 21:23(最終のぞみ) 0:26 新横浜経由
埼玉 川越 21:23(最終のぞみ) 1:09 池袋・東武経由
本川越
(西武)
20:56 1:01 池袋・西武経由
品川・新宿・西武経由
飯能
(西武)
20:56 1:04 池袋・西武経由
千葉 千葉駅 21:23(最終のぞみ) 0:43  
神奈川 横須賀中央
(京急)
21:23(最終のぞみ) 0:21 新横浜・京急
中央林間
(東急)
21:23(最終のぞみ) 0:09 新横浜経由

乗り遅れたときは・・・ 寝台特急 サンライズ出雲・瀬戸 という手もありますが・・・


コーヒーブレイク読み物

⇒ 【北陸新幹線】北陸新幹線の敦賀以西ルートが、小浜ルートになった本当の狙いとは・・・


以下は広告です。もし、ご興味があればご参照してください。