【上越新幹線】 料金一覧表(指定席・自由席)


東京・大宮・熊谷・本庄早稲田・高崎・越後湯沢・長岡・燕三条・新潟間の新幹線料金一覧表です。

会社の出張精算などにご活用ください。

指定席は季節(閑散期・通常期・繁忙期)によって −200円/±0円/+200円と料金が異なります。なお、のぞみの指定席は他の指定席より料金が上乗せされています。指定席を利用する場合は、実際の旅行日を確認して、その日がどの分類に該当するかを確認しましょう。(参考:【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧

 ※InternetExplorer以外のブラウザではボタンは動作しません

上越新幹線は、東北新幹線の「はやぶさ」や「こまち」、「はやて」のように自由席が無い(全席指定席)タイプの列車はありません。

★ポイント★ 東京〜新潟間 片道

指定席=10,570円(±200円)、自由席=10,050

※プラス200円は繁忙期(主に、春休み・GW・夏休み・冬休み)、マイナス200円は閑散期、±0円は通常期

★割引テクニック★ 

往復割引(往復600キロ超)や大宮、上野での乗車/下車などの基本テクニックは必ずおさえておく。

JR東日本の新幹線は、「えきねっと」の会員になり、トクだ値や、えきねっと割引で予約購入すると安くなる。

ホテルなどでの宿泊の予定がある場合は、楽天トラベルなどの「新幹線」と「宿」がセットになったプランを予約すると、トータルコストを大幅に安くすることができる。 ⇒ 宿と新幹線代がセットになっている予約サイト(楽天トラベル)は、 こちら 

※2014/4/1の料金改定による変更部分の金額は青色にしております


東京←→熊谷・本庄早稲田・高崎・越後湯沢・長岡・燕三条・新潟

上越新幹線 新幹線料金一覧

東京発着 指定席 自由席

熊谷

乗車券 1140
特急券 2570円(±200円)
計   3,710 円(±200円)
乗車券 1140
特急券 2050
計   3,190

本庄早稲田

乗車券 1490
特急券 2570円(±200円)
計   4,060 円(±200円)
乗車券 1490
特急券 2050
計   3,540

高崎

乗車券 1940
特急券 2990円(±200円)
計   4,930 円(±200円)
乗車券 1940
特急券 2470
計   4,410

越後湯沢

乗車券 3350
特急券 3320円(±200円)
計   6,670 円(±200円)
乗車券 3350
特急券 2800
計   6,150

長岡

乗車券 4750
特急券 4200円(±200円)
計  8,950 円(±200円)
乗車券 4750
特急券 3680
計   8,430

燕三条

乗車券 5080
特急券 4200円(±200円)
計  9,280 円(±200円)
乗車券 5080
特急券 3680
計   8,760

新潟

乗車券 5620
特急券 4950円(±200円)
計  10,570 円(±200円)
乗車券 5620
特急券 4430
計  10,050

繁忙期 +200円 :3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日
閑散期 -200円 :1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 
通常期 ±0円:上記以外の日


【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧

◆上野駅から乗車することで、特急料金を210円削減できます。(詳しくは本ページの後半参照)

◆交通費を節約するならば、高速バスという手もあります。(最近、WILLERの高速バスが安全で人気が高いとのことです) 適宜ご活用ください ↓

WILLER TRAVEL


  大宮←→熊谷・本庄早稲田・高崎・越後湯沢・長岡・燕三条・新潟

上越新幹線 新幹線料金一覧

大宮
発着
指定席 自由席

本庄早稲田

乗車券 970
特急券 2360円(±200円)
計   3,330 円(±200円)
乗車券  970
特急券 1840
計   2,810

高崎

乗車券 1320
特急券 2360円(±200円)
計   3,680円(±200円)
乗車券 1320
特急券 1840
計   3,160

越後湯沢

乗車券 3020
特急券 3110円(±200円)
計   6,130円(±200円)
乗車券 3020
特急券 2590
計   5,610

長岡

乗車券 4430
特急券 3990円(±200円)
計  8,420円(±200円)
乗車券 4430
特急券 3470
計   7,900

燕三条

乗車券 4750
特急券 3990円(±200円)
計  8,740円(±200円)
乗車券 4750
特急券 3470
計   8,220

新潟

乗車券 5400
特急券 4740円(±200円)
計  10,140円(±200円)
乗車券 5400
特急券 4220
計  9,620

繁忙期 +200円 :3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日
閑散期 -200円 :1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 
通常期 ±0円:上記以外の日


【繁忙期・閑散期カレンダー】JR 指定席 料金加算日/減算日一覧


★裏技テクニック★ 

<日本旅行のセットプランについて>

JRと関係が深い日本旅行なので、新幹線とホテルという珍しいセットプランがあります。ホテルと交通を個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合もあるとのことです。人気なので予約がすぐに埋まることも多いのですが、一度チェックしてみると良いと思います。

JR+宿泊のセットプラン

なお、海外からの観光客が急激に増加してるため、全国的にホテルの予約が取りにくい状態になっています。良い条件のホテルがあれば、とりあえず予約しておくことをお勧めします。
(有名3社のホテル予約サイトです ⇒ 日本旅行 楽天・ビジネス予約 楽天・交通セット じゃらんパック



<上越新幹線・節約テクニック>

東北新幹線/上越新幹線/長野新幹線は、東海道新幹線と違って節約テクニックが使えます。

■その1 大宮から乗車/下車する

大宮よりも東京寄りの方面から出発する場合、出発地から「大宮」駅までは在来線で移動し、「大宮」から新幹線に乗車する、または「大宮」で下車して在来線で帰着することによって、特急料金を安く抑えることができます。

■その2 上野から乗車/下車する

大宮まで行くのは面倒・・・と言う場合、「東京」駅からではなく、「上野」駅から乗車することで、特急料金が210円安くなります。(どちらかと言えば、東京駅発着の場合、210円上乗せされている、と言う方が正しいのですが・・・)

ちなみに、なぜ210円上乗せされるか、と言うと、これまで上野発着だった東北新幹線を、東京発着にした時(昔ですね・・・)、東京〜上野間の線路の新設や駅の拡張工事で費用がかかったため、その分を回収するために上乗せされているとのこと。ちなみに、東北新幹線のホーム拡張時(2→4線)は、東海道線のホームを新幹線に転用し、順に東海道線・山手線・京浜東北線のホームを東側のホームにずらし、あふれ出た中央線は高架にしてスペースを確保したとのこと。

■その3 「えきねっと」に入って「トクだ値」で購入する

さらに、JR東日本の会員サービス「えきねっと」に加入すれば、えきねっと会員限定の「トクだ値」という割引料金で東北新幹線の切符が買えるサービスがあります。ただ列車や座席数には制限があります。割引額が大きいので、うまく利用する列車にスケジュールが合えば、お得です。

なお、以前、えきねっと会員は「えきねっと」で予約をすると、「えきねっと割引」という、特急券が数百円割り引かれるサービスがありましたが、2015年に廃止されましたので、現在は利用できません。

■その4 往復割引を使う

往復で600キロを超える場合は、往復割引で切符を購入すると1割安くなります。往復600キロを超えない場合でも、600キロに近い場合は、経路を工夫することで、通常に切符を購入するよりも、周辺駅まで行くことができます。

⇒ (参考にどうぞ)東京〜大阪 往復割引(600キロ超)適用区間一覧表

■その5 東京都区内キップで節約テクニック

東京都区内や周辺へ行く場合・帰る場合、うまくすれば運賃が若干安くできます。

 @東京都区"外"駅へ行く場合、都区内切符を精算機で精算すると安くなるテクニック

 A東京都区"内"駅へ行く場合、都区内切符を買わずに精算すると安くなるテクニック

■その6 宿と新幹線/飛行機がセットになっているプランを予約

ホテルなどでの宿泊の予定がある場合は、楽天トラベルなどの「新幹線」と「宿」がセットになったプランを予約すると、トータルコストを大幅に安くすることができます。うまくいけば、宿+新幹線代で、数万円単位で安くなることもあります。出発までに数日程度余裕がある場合は、予約サイトで空室があるかチェックしておくほうが良いです。(日本旅行 楽天トラベル じゃらんパック

宿と新幹線代がセットになっている予約サイト(楽天トラベルの「びゅう」プラン)(こちら)は、JR東日本の「びゅう」と連携した企画旅行になっており、新幹線と宿がセットにも関わらず交通費だけのプランもあり、かなりお勧めできます。


<安価にビジネスホテル・高速バスを予約するテクニック>

なんだかんだで、ホテルに直接予約すると料金が高かったり満室であったりします。そんなときは楽天トラベルなどの予約サイトから予約をすると、空室が結構あったり、安く予約できたりします。

  ⇒ 楽天トラベルとじゃらんの予約サイトへのリンクは  こちら です。

また、夜行バス・高速バスの予約、飛行機予約(JAL・ANA)のサイトへのリンクもありますので、適宜ご活用ください。

  ⇒ 高速バス予約サイトへのリンクは  こちら 

上記その6に記載している内容と重複しますが、宿と飛行機代・新幹線代がセットになっているにもかかわらず、往復の飛行機料金よりも安い場合があるパックもあります。ただし、人気なので空室がなくなっている場合もあるので注意。

  ⇒ 宿と飛行機代がセットになっている予約サイト(楽天トラベル)へのリンクは  こちら 

JR東の企画(びゅう)と連携しているので、東北新幹線のプランもあります。

 


 

東京ディズニーランド・ディズニーシーのセットプラン 

セットにすることで東京ディズニーランド周辺ホテル宿泊がお得になるプラン

東京ディズニーリゾート特集(ホテルのみ/ホテル+往復交通が安い)

早く予約すると安いオフィシャルホテルなど、良い条件のホテルが見つかります。

●高速バスのWillerの東京ディズニーランドプランこちら

トータルコストを抑えて夜遅くまで楽しむ場合に最適。体力に自信がない場合は、ホテルに泊まるプランも安いのでお勧めできる。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

●じゃらんの東京ディズニー宿泊特集サイトこちら

割引プランなどもあります。一度チェックしてみると良いです。 

●日本旅行の東京ディズニーランドホテルプランこちら

新幹線のセットプランがあります。条件が合えば交通と宿を別々に予約するよりもお得です。

●楽天トラベルの東京ディズニーランド特集こちら

東京ディズニーリゾートホテル特集」は楽天トラベルのトップ画面からたどれます。

 

<ホテル予約テクニック>

■予約サイトの活用

ホテル予約の際に、そのホテルへ直接連絡をして予約した場合、正規料金となり高くついたり、満室で予約できない・・・、ということがあります。そんなとき、日本旅行楽天トラベルじゃらんなどの予約サイトからの利用がおススメです。満室のはずなのに空室が見つかったり、ホテルへ直接予約する場合より安いケースがあります。

■「とりあえず予約」をしてみよう

お気に入りのホテルだけども、空室が多くあるから大丈夫・・・と思っていたら、翌日には予約で満室になってしまった、ということは良くあります。ホテルの予約は、キャンセル料が発生する日までは、遠慮なくキャンセル可能です。あらかじめキャンセル規定を確認した上で、良いと思ったホテルや宿泊プランがあれば、とりあえず予約をしておいた方が良いです。

定期的に予約はリフレッシュされます。経験的には「月曜日」が多いと思います。日曜日の夜、希望の部屋が満室だった場合、月曜日にもう一度予約サイトを覗いてみると、空室になっていた、ということがあります。

■ホテルと交通費がセットになった格安プランを狙おう

ホテル予約サイトでは、そのサイトオリジナルのお得なプランがあります。最近人気が高いのは、交通(飛行機か新幹線)とのセットプランです。 例えば、「新幹線往復」や「飛行機往復」と「宿」がセットになったプランがあります。宿と交通費がセットになることで、別々に支払うよりも万円単位でお得になる場合がある。人気が高いのは楽天トラベルの楽パックと、JRと提携している日本旅行のセットプラン。日本旅行はJRと関係が深い老舗の日本旅行なので、新幹線とホテルというセットプランがある。ホテルと交通を個別に予約するよりも万円単位でお得になる場合がある。人気なのですぐに売り切れることが多い。人気が高いのですぐに売り切れてしまう模様。

  • 楽天トラベルのセット予約はこちら
  • るるぶトラベル(JTB)のセット予約はこちら

このようなプランがお得です。基本的に条件の良いプランは先着順で売れていくので、早めの予約がミソです。