【繁忙期・閑散期カレンダー】JRの特急指定席料金の加算日/減算日<2018年(平成30年)>


 ※ご使用のブラウザによってはお気に入りに追加のボタンは機能しませんのでご了承ください

JRの指定席の料金は、日によって異なります

JRの指定席の料金は日(閑散期・通常期・繁忙期)によって、最大400円も料金が異なります。カレンダーを作成しましたので、参考にご活用ください。

九州新幹線N700系みずほ

JRの指定席は季節(閑散期・通常期・繁忙期)によって −200円/±0円/+200円と400円も料金が異なります。指定席を利用する場合は、実際の旅行日を確認して、その日がどの分類に該当するかを確認しましょう。


JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・北海道新幹線・九州新幹線・JR各会社間を利用する場合

繁忙期 とは・・・ 通常期の指定料金 +200円

 ⇒ 3月21日〜4月5日・4月28日〜5月6日・7月21日〜8月31日・12月25日〜1月10日

閑散期 とは・・・ 通常期の指定料金 -200円

 ⇒ 1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の各期間の月〜木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く) 

通常期 とは・・・ 通常期の指定料金

 ⇒ 上記以外の日

<注意事項>

JR北海道内の在来線は、通年「通常期」です。

JR九州内の在来線を利用する場合、「閑散期」は、1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の期間の月〜木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます)となります。閑散期以外の日は「通常期」です。「繁忙期」はありません。
※ただし、特急〔あそぼーい!〕の展望席(パノラマシート)及び「白いくろちゃんシート」をご利用の場合の特急料金に閑散期はありません。

JR東日本の在来線の特急〔ひたち〕〔ときわ〕〔スワローあかぎ〕〔あかぎ〕〔日光〕〔きぬがわ〕〔スペーシアきぬがわ〕をご利用の場合の特急料金に繁忙期、閑散期はありません。


【繁忙期・閑散期 カレンダー2018】はこちらです。 


 

宿と交通 がセットになっている格安プラン

「新幹線往復」や「飛行機往復」と「宿」がセットになったプランがあります。宿と交通費がセットになることで、バラバラに支払うよりも万円単位でお得になる場合もあります。人気があるのは楽天トラベルの楽パックと、JRと提携している日本旅行のプランです。

日本旅行のプラン(こちら)には、多くのエリアから利用できる新幹線プランがあります。人気なので、良い条件のプランに空きがあれば、早めに予約したほうが良いです。

楽天トラベルの「楽パック」(こちら)では、「国内ツアー」を選択して「JR東日本+宿泊」や「JR九州+宿泊」を選ぶと、安いプランが表示されます。

◆じゃらん 旅館・ビジネスホテル 予約) おなじみリクルートが運営するホテル予約サイト。価格も安く、交通とのセットでお得なオリジナルプランもあります。楽天トラベルや日本旅行のサイトとあわせてチェックしたほうが良いです。

交通費を高速バスで節約  最近、人気が高いのは高いのは、ウイラートラベル(WILLER)運営している高速バスです(こちら)。2列で個室のような「コクーンシート」という座席がある、最先端の高速バスも運行されています。

バス予約サイト(楽天トラベルバス予約) は、多くの時間帯や乗車駅・下車駅が選べて、価格も安いので、おすすめです。

 

東京ディズニーランドへ行く場合は、高速バスで価格を抑えつつも、ホテル付きでゆったりすごせるプランが結構人気です。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 夜遅くまでパークに居れて、さらに、その後夜行バスですぐに休めます

高速バスにもいろいろなプランがあります。

高速バスの予約

有名どころの予約サイトをまとめてあります。