【夜行高速バス】東京〜大阪間の夜行バスについて、会社による違いを教えてください。特にツアー系会社と鉄道系会社のバスの違いについて知りたいです。

 ※ご使用のブラウザによってはお気に入りに追加のボタンは機能しませんのでご了承ください


JR高速バス

東京〜大阪間などを安く移動するには欠かせない夜行バス・高速バスですが、大きく分けて、鉄道・バス会社系のバスと、ツアー会社系バスがあります。似ているようでちょっと、いや、大きく違うのです。比較してみました。

<ツアー系バス>

ツアー系の高速バスで人気が高いのは高いのは、WILLER社の高速バス。

⇒ @「WILLER」高速バス予約サイト

多くの高速バス会社のバスを選択して予約できるサイトとしては、楽天トラベルの高速バス予約がメジャー。

⇒ A「楽天トラベル」高速バス予約サイト

<JR系・私鉄系バス>

JR系や私鉄系の高速バスの予約は、日本旅行バスプラザが有名。

⇒ B日本旅行バスプラザ予約サイト

その他、JR高速バスnetJRハイウェイバス発車オ〜ライネット  からも予約可能。


料金の比較

東京←→大阪間の場合は、ざくっとこんな感じです。

ツアー会社系の方が若干安いです。・・・が、それほど大きくは変わりません。シートのグレードと時期の方が要素としては大きいです。

@グレード

2列シート 3列シート 4列シート

A運行会社種類

ツアー会社系 JR・鉄道・バス会社系 ツアー会社系 JR・鉄道・バス会社系 ツアー会社系

B
閑散期

繁忙期

平日

10000円
程度
7,500円ぐらい
(7,000〜8,000円)
6,000円ぐらい
(5,000〜6,500円)
4,000円ぐらい
(3,500〜5,000円)
<安い>
4,000円ぐらい
(3,500〜5,000円)
<安い>

金・土・
祝前日・連休

11000円
程度
8,500円ぐらい
(8,000〜9,000円)
<高い>
7,500円ぐらい
(6,000〜8,500円)
<高い>
5,000円ぐらい
(4,000〜5,000円)
4,500円ぐらい
(4,000〜5,000円)

大きく分けて、夜行バスの種別は以下の3つの要素で決まります。

@席のグレード → 皆さんご存知の [3列シート] or  [4列シート] で分けられます。

              最近では、[2列シート] も登場してきています。

A閑散期/繁忙期 → これは、[ 平日 ] or [ 金・土・祝前日、年末年始・GW ] でほぼ分けられます。

B運行会社種別 → これは、[ JR・私鉄・バス会社系 ]  or [ ツアー会社系 ] に分けられます。


バス会社系高速バス vs ツアー系高速バスの比較

似ているようで、結構違う。バス会社系高速バスと、ツアー系高速バスを比較してみましょう。

要素

JR・鉄道・バス会社系 ツアー会社系
  バス種別

申し込み先のバス運行会社(または提携バス会社)のバスを使用。

予め使用するバス機材が提示されている場合が多い。

申し込み先のツアー会社とバス運行会社が別会社の場合が多い。

バスに書かれているマークや名前だけでは、分からないことがある。

  集合場所

駅前バス停や、高速バスターミナルなど、高速バスや路線バス用の設備から乗車する。

休憩所を併設しているバスターミナルも多い。

@**ビルの前、といった路上で集合。受付では名前をチェックした後に、指示されたバス(付近の路上に駐車している)に乗車する。

Aまたは、ツアーバス専用のターミナル(大きな駐車場)で受付をして、指示されたバスに乗車する。

Bまたは、集合場所から、ツアーバス専用ターミナル行きのバスに乗車し、ターミナルで下車。
その後、受付し、指示されたバスに乗車する。

  行き先表示 路線バスのように、バスに「○○○号△△△行き」と言った表示がある場合が多い。

車内では、自動音声や、電光掲示板・モニターを用いた案内がある場合が多い。

バスの乗車口に行き先とツアー名が紙で貼り出されている場合が多い。

車内では、電光掲示板やモニターを用いた案内は無い場合が多い。

  乗車受付 乗車券、もしくは、プリントした乗車券や、Web乗車券の提示を求められる。

所持していない場合は乗車できない場合がある。

下車時に、乗車券を渡すバス(JRバスなど)もあるので紛失に注意。

名前を確認する程度が多い。

 

  座席指定 予約時に座席を指定できる/指定される場合が多い 乗車時まで分からない場合が多い
  時間の正確さ 出発時刻は正確。乗り遅れるとおいていかれる。

到着時刻は場合によってまちまち。

出発時刻は比較的アバウト(指定時刻より遅れる場合も多い)

到着時刻は場合によってまちまち。

  運賃 予め提示されている料金が基本(Webや事前予約で割引があるバスもある)

往復割引などが設定されているバスなどがある

ツアーによって料金はまちまち。

直前で大幅に値引きするバスもある。

理由はよくわからないが、楽天トラベルなどから予約する方が安い場合がある。

  キャンセル料金 一定のキャンセル料金(500円程度)が設定されている場合が多い

ただし、バスの変更は無料でできる所もある(JRバス)

ツアーなので、出発までの日数でキャンセル料が決まる。

当日キャンセルの場合、50%以上のキャンセル料が取られる場合もある。

1〜2週間前でもキャンセル10〜20%程度のキャンセル料が必要な場合がある。

  当日乗車 ターミナルで切符を買って乗車できるバスもある(JRバスなど) ツアーなので、事前申し込みが基本
  アメニティ 3列シートの場合、ブランケットやスリッパはある。

4列シートの場合、何も無い場合がある。

何も無いバスから、
ブランケット・アイマスク・マスク・スリッパ・腰当てがあるバスまで多種多様。
ホームページで座席グレードだけでなく、アメニティーも確認しておくこと。
  安全性 バス会社が運行しているので、運転手の確実な交代や、バスの点検などはしっかりしている、と思われる。 バスを運行している会社によりまちまち。
  おもしろ 特に面白いことは無い。 バスによっては「一斉に座席フラット」の指示があるタイプもある。
前の人が思いっきり倒してきているのに、後ろの人が気になって倒せない、なんていう "良い人" にはいいサービス。
  予約サイト 日本旅行バスプラザ

JRハイウェイバス JR高速バスnet 

発車オ〜ライネット  

WILLER(ウィラートラベル)

楽天トラベル 高速バス予約

 

◆その他の関連記事

@⇒ 【東京〜大阪 夜行高速バス】失敗談/選んではいけないバス

A⇒ 【駅が近い高速バスのバス停】渋滞で到着が遅れそうな場合は電車に乗り継ぎも!

B⇒ 【東京駅】八重洲南口(JRバス関東)乗り場/【新宿駅】バスタ新宿

C⇒ 【夜行高速バスの違い】東京〜大阪 鉄道・バス会社系 vs ツアー系夜行バスの比較

高速バスの安全性について

数年前までは、「雨後のたけのこ」のように、たくさんの高速バス会社が営業しており、問題がある高速バス会社もあった。しかし、安全性が厳格になり、問題がある会社は淘汰され、現在では安全性の高い会社だけが残っている状態。(なんやかんやで、WILLERに集約されました)

WILLERの高速バス(こちら)。日によってはとても安い便がある。おすすめ。

2列で個室のようなシートのバスもある。しかし、価格はちょっとお高め。

WILLER TRAVEL

バスでゲームが楽しめるアトラクションバスというちょっと変わった企画バスもあった(いまも運行しているのだろうか)

WILLER TRAVEL

その他、空港バスなどのさまざまなバスを選んで予約できる楽天トラベルバス予約もチェックしておいた方が良い。

ビジネスホテル・旅館を安く予約するテクニック

ホテルや旅館を安く予約するには、旅行サイトがやはり良い。(旅館やホテルに直接予約すると、正規料金になって高かったり、満室で予約できない場合が多々ある)

更に、ホテル予約サイトでは、そのサイトオリジナルのお得なプランがある。人気なのは、交通(飛行機か新幹線)とのセットプラン。

とりあえず以下の3サイトを押さえておくと良い。

楽天トラベル 旅館予約 ビジネスホテル予約

ホテルと宿のセットもあるなど、定番のホテル予約サイト。直接ホテルに予約するより若干安い。宿と交通費がセットになったオリジナルプランもある。交通と宿をl個別に支払うよりもかなり安くなる。

○じゃらん 旅館・ビジネスホテル 予約

おなじみリクルートが運営するホテル予約サイト。価格も安く、交通とのセットでお得なオリジナルプランもある。

○日本旅行 旅館・ビジネスホテル 予約

ここは、JR往復+宿泊セットのオリジナルプランがよい。しかし、人気があるので、なかなか予約ができない。