【堺の児童館、ビックバン】大阪府立大型児童館・科学館・児童館・巨大アスレチックの様子(2018年1月)


関西・行楽レポ / 関東・行楽レポ

大阪府の児童館「ビックバン」

大阪府の施設。子供用の施設にしては、凝った外観でかなり建設コストがかかったと思われる箱もの施設です。

場所は泉北高速鉄道の「泉が丘駅」のすぐ近くです。難波からもアクセス抜群です。

駐車場もありますが有料です。

 

このUFO型のデザインがこの建物のミソです。松本零士感満載です。

 

 

まだ来たのが早かったので空いています。

 ちなみに1Fのレストランのキャラクタがしぶい。

 エレベーター。科学館的な要素もある。


昔の大阪の街並みを再現・・・とのこと。

 

 

 

子供たちはここでどう楽しんでよいかわからない様子。


昔の遊びや、ピタゴラ装置的なものもあります。

 

 

 


なんとジャングルジムだけの建物が!!

 

 

やりすぎ感満載です。

 

ジャングルジムです。

4階から8階までが吹き抜けのジャングルジム。

 

 

 かなり建設コストがかかったと想像する形状

移動はエレベーター。1990年代を彷彿させるデザイン。

 

外を見ると泉北ニュータウンが一望できます。


工作教室などのイベントが土日を中心に開催されています。


アスレチックのようなゾーンもあります。

 

 

こちらもアスレチックゾーン。

 

科学実験のようなことができるエリアも

橋を作ります。

 

中では体感映画みたいなモノが見えます。

ただ・・・動く座席は壊れていました。体感が前提なので、動きが無いと残念。


料理教室。お菓子を作ります。

 

雪ウサギ風のお菓子が焼きあがりました。

季節ごとにイベントなど、かなり趣向を凝らした企画などがあり楽しめます。

せっかく府が子供の為に作った立派な施設なので、雨の日などは是非ともここで楽しんではいかがでしょうか。


 ビックバンホームページはこちら

 http://www.bigbang-osaka.or.jp/